FC2ブログ

ドビュッシー,ラヴェル:弦楽四重奏曲(カルミナ四重奏団)

cover picture
ドビュッシー:弦楽四重奏曲ト短調作品10
ラヴェル:弦楽四重奏曲ヘ長調
カルミナ四重奏団 Carmina Quartet
1992年2月 ドイツ,ヴァン・ゲースト・スタジオ
COCO-70518 (P)2003 COLUMBIA MUSIC (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV Online,Amazon.co.jp,Tower Records
およそ20年前,カルミナ四重奏団がまだまだ気鋭の若手四重奏団であったころの録音。極めてテンションが高くダイナミックな圧巻の演奏。高い技術力・表現力を駆使して現代的に洗練された音楽を創り上げています。これは素晴らしいですね。

録音ですが,スタジオ録音と書かれていますが,そうとは思えないほどの残響が感じられます。楽器音は比較的近接でしっかりと捉えられているのでそれなりに聴こえるのですが,全体にちょっと音をギュッっと詰め込みすぎていて整理されておらずごちゃごちゃ感が否めません。元々ドビュッシーの弦楽四重奏曲自体が分厚い響きを持っているので,録音はもっとすっきりさせて曲の構造を見通しよくはっきりと聴かせるように録って欲しいところです。演奏が良いだけにこの録音は少し残念なところです。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->