ブラームス:交響曲第1番,第2番(シモーネ・ヤング指揮/ハンブルグ・フィルハーモニー)

cover picture
ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68
シモーネ・ヤング指揮/ハンブルグ・フィルハーモニー
March 11 & 12, 2007, Laeiszhalle Hamburg
OC 675 (P)2007 (C)2010 OehmsClassics (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
cover picture
ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73,悲劇的序曲
シモーネ・ヤング指揮/ハンブルグ・フィルハーモニー
March 2008(Symphony No.2) and January 2010(Tragic Ouverture), Laeiszhalle Hamburg
OC 676 (P)2008/2010 (C)2011 OehmsClassics (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineTower Records
第1番は概してテンポが遅めでアタックが強く重厚でスケールが大きい。私にはドイツ的正統派ブラームスに聴こえます。一方第2番は曲の性格もあってか,同様の路線ながら第1番に比べると大らかで歌心に溢れてくる。いずれにしても大オーケストラを活かした堂々たるブラームスらしいブラームスで,理屈抜きに感動できます。

録音ですが,残響はそれなりにあるものの,各楽器の質感は失われず,音色への影響も少なく,このオーケストラの壮大な響きを密度高く,濃厚に捉えています。中低域も伸びがあり,またよく締まっているのが寄与していると思います。録音レベルが高めなのも好印象です。必ずしも好きなタイプの録音ではありませんが,これであれば私でもまずまず納得できます。

今後,全集化に向けて第3番,第4番が順次録音されていくと思いますが,これは楽しみになってきました。

第1番 17:19/9:38/4:59/17:27 提示部リピートあり
第2番 19:57/9:58/5:00/8:47 提示部リピートあり

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する