ブラームス:交響曲第三番,チャイコフスキー:弦楽セレナーデ(スクロヴァチェフスキ/読売日本交響楽団)

cover picture

ブラームス:交響曲第三番 ヘ長調 作品90
チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 作品48
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(Stanislaw Skrowaczewski)(Conductor)
読売日本交響楽団(Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, Tokyo)
2008年9月10日 サントリーホール(Brahms),2009年3月21日 東京芸術劇場(Tchaikovsky)
DENON COGQ-39 (P)2009 Columbia Music Entertainment, Inc.
好録音度:★★★★
参考url: HMV Onlineicon

まずブラームスのみのコメントです。

わたしは実はスクロヴァチェフスキという指揮者の演奏は聴いたことがなかったのですが,なぜか爆演系の指揮者という先入観を持っていました(風貌と名前から何となく...かな?)。この演奏は全くもって落ち着いており至って常識的でした。わたしの勝手な先入観は脆くも打ち砕かれてしまいました(^^;。

録音はライヴで演奏後の拍手も収録されています。弦楽器の音を質感良く,また自然な音色で捉えていて,また,フォルテのところでも弦楽器が埋もれてしまうことがないので,まずまず良好と言えます。

しかし,この低音の量はあまりにも多すぎます。いったいベースが何人いるんだ?!と言いたくなるくらい入っています。幸い,この量感が中域にまで及んでおらず,中高域がこの低音にマスクされずに済んでいること,ブーミーにならずにそこそこ締まっていることから,それほど悪い印象にはつながっていません。でもやっぱりバランスが悪いと思います。低域の出ない再生装置の方がバランス良く聴こえます。

[ブラームス][交響曲]

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する