ブラームス:交響曲第三番,チャイコフスキー:弦楽セレナーデ(スクロヴァチェフスキ/読売日本交響楽団)

cover picture

ブラームス:交響曲第三番 ヘ長調 作品90
チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 作品48
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(Stanislaw Skrowaczewski)(Conductor)
読売日本交響楽団(Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, Tokyo)
2008年9月10日 サントリーホール(Brahms),2009年3月21日 東京芸術劇場(Tchaikovsky)
DENON COGQ-39 (P)2009 Columbia Music Entertainment, Inc.
好録音度:★★★★
参考url: HMV Onlineicon

前回のブラームスに続いてチャイコフスキーのコメントです。

大きな編成での弦楽セレナーデで,豊かな響きでありながら大味になることなくきちんとしたアンサンブルを聴かせてくれます。ブラームス同様,中庸の良さを感じさせてくれる佳演ですが,あまりにまとまりすぎていてあまり心躍らないというのが不満といえば不満です。大きな編成ゆえにやや小回りが利かないというか,表現が隅々まで行き届かない面があるのは致し方なしというところでしょうか。

録音会場は異なりますが,録音の傾向はブラームスと同じです。ブラームスで出過ぎていたと感じた低音も同傾向ですが,こちらの方が若干ましかなとは思います。

[チャイコフスキー][管弦楽曲][弦楽合奏]

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する