FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲全集(サイモン・ラトル指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)

cover picture
ベートーヴェン:交響曲全集
サイモン・ラトル指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
2002年4月29日-5月17日 ウィーン,ムジークフェラインザール
50999 9 15624 2 5 (P)2003 (C)2012 EMI Records Ltd. (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV Onlineicon,Amazon.co.jp,Tower Records
ラトルはあまり今まで聴いてこなかった指揮者で,しかも録音がEMIとなると...とさんざん迷ったあげく,結局値段の安さにつられて買った全集ですが...これはなかなかの当たりでした。これが本当にウィーン・フィルなのか?と思うところがあったり,ちょっとわざとらしいところも確かにありますが,そんな堅いこと言わずに素直になって楽しんだら良いじゃないか,と思えてくるくらい,音楽が生き生きしていて楽しいですね。

そして,EMIにしては上出来のこの録音,残響の多さはもう少し何とかして欲しかったところですが,それぞれの楽器の質感は保たれており,音の曇りも少なく聴きやすいです。これならまずまず納得できる範囲であり,鑑賞を阻害しません。最低限これくらいのレベルの録音に仕上げて欲しいものです>EMIの録音担当様。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->