Androidスマートフォンで音楽のギャップレス再生を行う別の方法(xrecord II + GoneMAD Music Player)

今まで,Androidスマートフォンでギャップレス再生を行う方法として,Winamp Proを使う方法と,Android4.1以降限定ですがGoogle Play Musicを使う方法を紹介してきました。

その後者のエントリーのコメントで,Androidスマートフォンでギャップレス再生を行う別の方法を教えていただきました(ありがとうございます)。しかもこの方法は原理的に完璧なギャップレスになります。ただし,このためにCDからのリッピングが少々特殊な方法になります。以下,簡単に手順を紹介します。

(1)CDからのリッピング
xrecord IIというPCアプリを使います(→xrecord IIのWebサイト)。登録が必要なソフト(有料?)ですが,起動直後に表示される登録を促す画面をやり過ごせばそのまま使えます(この待ち時間はだんだん長くなっているようだ)。

このソフトの「目的の形式」欄(コーデックを選択する欄)で「結合/CUE」を選び,その設定の中で任意のコーデックを選び,CDをリッピングします。リッピングした音楽ファイルと,同名のCUEシートファイルの2つのファイルが出来ます。音楽ファイルはCD1枚が丸ごと1つのファイルになっています。ここがミソです(CUEシートファイルにトラックの開始位置の情報が書かれている)。

(2)Androidスマートフォンでの再生
GoneMAD Music PlayerというAndroidアプリを使います。14日間は無料で使えるトライアル版をまずは使います。(1)の音楽ファイルとCUEシートファイルの2つをスマートフォンのmicroSDに任意のフォルダを作成して保存します。ジャケット写真を表示したい場合は,"cover.jpg"というファイル名でジャケット写真を置いておけばそれが使われます。GoneMAD Music Playerで見ると,トラックが分割された状態で表示され,普通の音楽ファイルと同様に扱えます。

上記のように,CD 1枚が丸ごと連続的にエンコードされて1つの音楽ファイルに収められるのでギャップ自体が存在しません。トラックはその音楽ファイルの中の開始位置を示しているだけです。なので,このファイルを普通に再生すればギャップなしに再生されるというわけです。

CD 1枚が1つのファイルになるので自由度や音楽ファイルの管理の点で不便さは伴いますが,ギャップレス再生の有力な選択肢の一つと言えるでしょう。

情報の提供主様に感謝します。

このギャップレス再生方法は,GoneMAD Music PlayerがCUEシートによるトラック表示をサポートしているというところに拠っています。従って,試していませんが,CD 1枚丸ごとリッピングができ,別途CUEシートだけを作成することが出来れば,xrecord IIでなくても使えるかもしれませんし,CUEシートに対応した別の音楽アプリがあれば,それでも実現できるはずです。

■ この記事へのコメント

ひさ
こんにちわ。「xrecord II+GoneMAD Music Player」私もやってみました。見事にギャップレス再生ができました。感激しました。
ただ、私だけかもしれませんが、不思議なことが。
例えば1曲目が5:00までだとします。普通に再生したら、ほぼ5:00で2曲目に切り替わります。ただ、早送りや頭出しを繰り返していると、5:45あたりで2曲目に切り替わってしまう、という現象です。また、5:40とか5:35とか、繰り返すたびに違うタイミングで切り替わってしまいます。
やむを得ないおえないことなのでしょうか。またはCUEシートの時間の記載の修正などで対応できるものなのでしょうか。
同じ現象をもしご確認できていたら
コメントいただけると幸いです。
2013.09.08 at 10:40 #/93zBfXc URL [Edit]
T.S.
この組み合わせを試されたのですね。今は私自身は別記事でも書いたとおりApple LosslessとWinamp proに移行しつつあり,すでにこの組み合わせでは使っていないのですが,この現象は心当たりがあります。

使用するコーデックや再生ソフトにもよるのですが,早送りや巻き戻しは平均ビットレートを頼りに飛ばす位置を決めるのですが,固定ビットレートといっても厳密には固定になっていないこともあり,時間とばしを行う毎に少しずつカウンタがずれていくことがあります。何度も行うとずれが累積していきます。

この組み合わせの場合は,曲毎にファイルが分かれていないので,カウンタをリセットするタイミングがなく,使っているうちにどんどんずれていってしまっているのかもしれません。

これは多分どうしようもないですねぇ...(紹介しておきながら申し訳ないです...)ビットレート変動の少ないコーデックを選べばもう少し改善するかもしれません。
2013.09.08 at 14:55 #- URL [Edit]
ひさ
なるほど、「ずれが累積」ということなのですね。納得がいきます。まあしょうがないですねえ。ありがとうございました。
2013.09.10 at 07:38 #- URL [Edit]
ひさ
こんばんは。その後、「Apple Lossless+Winamp pro」もやってみました。こちらは問題なくギャップレス再生ができました。
私は昔から、ライブのDVDの音をMDに録音して曲の分割点を設定、という形で、自分だけのライブアルバムを作って楽しんでいました。その後ソニーの「Xアプリ」によりMDからパソコンへ転送、管理することはできていたのですが、それらの「資産」をスマホでギャップレス再生で楽しむ方法を探していたのです。ライブ音源ですから、「ギャップレス」は必須です。それが実現できて嬉しいです。ありがとうございました。
2013.09.15 at 00:28 #- URL [Edit]
T.S.
こんにちは。Apple Losslessも試されたのですね。
昔からギャップレスは当たり前だったのが,メモリープレーヤになってから長い間ないがしろにされてきたのが残念でした。ようやくここにきていろんな再生環境で出来るようになってきましたね。
2013.09.15 at 16:06 #- URL [Edit]

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する