バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲(前田朋子)

cover picture
(a) バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番,第3番
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番
前田朋子 Tomoko Mayeda (Violin)
Recorded November 2010, at Studio Glanzing, Vienna
Gramola 98883 (P)(C)2011 Gramola (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower RecordsGrandjete
cover picture
(b) バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番,第3番
前田朋子 Tomoko Mayeda (Violin)
Recorded September 2012, at Studio Glanzing, Vienna
OP10 (P)(C)2012 onepoint.fm (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Grandjete
CD試聴記」からの転載記事です。

非常にキレの良い,現代的でクールな演奏。技術的な冴え,正確さ,安定感は特筆できます。キレの良さに加え伸びと粘りのある弓運びで音のつながりが絶妙,隅々まで神経が行き届いた細やかな表現も素晴らしいです。

さらに2年後に録音された(b)は,(a)に比べ厳しさが和らぎ,さらに奥行きと深みを感じさせる出来です。後述する録音の良さもあって,今回,再度全集として仕切り直してくれていたらどんなに良かっただろうと少し残念に思います。

(a)は残響が多めです。楽器音がそれなりにしっかりと捉えられているものの,残響が被って鮮明さと音色が損なわれています。残響がプラスに働かない典型例と言えるかもしれません。

一方(b)は残響が抑えられて直接音が主体で明瞭で鮮度があり,音色も自然,質感もうまく捉えられ,ニュアンスも聴き取れます。(a)と同じ場所での同じプロデューサー,エンジニアでの録音ですが,こちらの方が断然良くなっています。

なお,(a)は一般の店でも扱っていますが,(b)はGrandjete以外に取り扱っているショップを見つけることが出来ませんでした。

前田朋子公式Webサイト前田朋子公式ブログ

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する