FC2ブログ

バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲(バッハ・コレギウム・ジャパン 2000年録音)

cover picture

バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲
鈴木雅明(Masaaki Suzuki)(Conductor)
バッハ・コレギウム・ジャパン(Bach Collegium Japan)
May 28-June 2, 2000 at the Kobe Shoin Women's University Chapel, Japan
KKCC 2316/7(BIS CD-1151/52) King International Inc. (国内盤)
好録音度:★★★
参考url: HMV Onlineicon

ピリオド楽器での演奏で,A=392Hzというかなり低いピッチが使われています。1パート1人という室内楽的な編成。第二番のトランペットは,小型のホルンのような渦巻き型のものを使用し,演奏は唇の調整のみ,自然倍音以外は唇のベンディングで演奏。2008年の新録音が出たので,こちらは旧録音の位置づけになりました。

ピリオド楽器での演奏としては,ことさらそれを強調することも鮮烈さを前面に出すこともなく,ごくスタンダードで耳に馴染みやすい演奏かなと思います。名手揃いなのでさすがに上手いです。ただ,第二番のトランペットはその努力は認めますが,ちょっと無理があるように感じました。やっぱり高らかに鳴る胸のすくトランペットを聴きたい!と思ってしまいます。

録音は,少し残響が多めで楽器音にも被っているので,明瞭感が損なわれ,音色も冴えません。このくらいなら許容範囲かなとも思いますが,少なくとも好録音ではありません。

[バッハ][協奏曲]

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->