やさしい花の咲く場所(奥華子)

hanako_oku_yasashii_hanano_saku_basho.jpg
やさしい花の咲く場所
奥華子 Hanako Oku
PCCA-02226 (P)2006 PONY CANYON Inc. (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
横道それついでにもう一つ...

最近のことなのにもうきっかけを思い出せないのですが,奥華子さんの曲を何かで聴いて,もう少し聴いてみたくなり,手に入れたのがこのディスク。私の場合,その人の初期の曲の方が気に入ることが多いので,ファーストアルバムを選びました。

色気ゼロ,艶めかしさゼロ,まだ素人っぽさが見え隠れするのですが(ごめんなさい...),この独特の歌声は間違いなく魅力があります。そして温かく思いやりに満たされた詩も良いですね。この音楽を聴いていると,オジサンとしてはもうかなり昔に忘れてしまった大切なことを思い起こさせてくれるようで,あぁ,たまにはこういう音楽も聴いてみるもんだなぁ,と思った次第です。

購入する前にサンプルを聴いた限りだと,ほぼピアノの弾き語りで構成されているのでは?と思って買ったのですが,ほとんどの曲では途中からバンドが入ってきます。これはちょっと期待はずれでした。バンドが入ってきた途端,奥華子さんの個性・魅力がどんどん薄まっていくようで,これは残念でなりません。歌声自体に大きな魅力があるのだから,余計な伴奏はいらないです。全曲ピアノの弾き語りでやって欲しかったですね。ぜひとも次はピアノの弾き語りでアルバムを作ってください。期待しています...って,もしかしてもうそういうアルバムがあるんですかねぇ...探してみよっと。

録音ですが,特筆すべきところは特にありません。普通のJ-POP録音と言って良いでしょう。もう少し声を生々しく録っても良いんじゃないかと思いました。演出がやや強めの曲もあり,これはせっかくの魅力ある歌声を台無しにするだけだからやめて欲しいと思います。(J-POPに期待しても無駄か...)

タグ: [J-POP] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する