ブラームス:交響曲第1番,第2番,他(ワレリー・ゲルギエフ指揮/ロンドン交響楽団)

gergiev_lso_brahms_symphonies_no1_no2.jpg
ブラームス:交響曲第1番,第2番,他
ワレリー・ゲルギエフ指揮/ロンドン交響楽団
Recorded live September, October & December 2012 at the Barbican, London.
LSO Live LSO0733 (P)(C)2013 London Symphony Orch. (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
悲劇的序曲とハイドンの主題による変奏曲が併録されています。

まるでブラームスに滅私奉公するかのような演奏。本当はどう思って指揮/演奏されているのかはわかりませんが,奇を衒う表現は極力避け,メリハリを効かせながらも楽譜に忠実に,丁寧に音楽を仕上げています。もう少し勢いのある締まった演奏の方が好みではありますが,まあこれはこれで良いのではないでしょうか。嫌いではありません。ゲルギエフにしては大人しすぎて面白くない,と思われる方もおられるかもしれません。

録音ですが,LSO Liveは残響を抑えた比較的ドライな録音が多く,私の好みに合うものが多いのですが,この録音も基本的には同じ路線で,結構良いと思いました。また,あまりドライになり過ぎていないので,多くの人に受け入れられやすい好録音だと思います。

なお,このディスクはHMV Onlineで購入したのですが,購入後HMVからメールが届き,Disc 2のトラック7のおよそ34秒のところで約3秒間,音が欠落しているので良品が届いたら送る,という内容でした。聴いてみると確かに連絡のあった場所で音が無音になっていました。HMVへ発送先を連絡すると,程なく輸入元のキングインターナショナルから良品盤が届きました。

私の場合,HMV Onlineで購入したので,購入者の特定が出来て,良品盤の案内が出来たのだと思います。店頭で買っていたら,泣き寝入りだったかもしれません。

現在店頭で並んでいるものはもうそろそろ良品に入れ替わったものに置き換わっているとは思いますが,発売後まもなく購入された方で未確認の方は,一度確認されてはいかがでしょうか。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する