FC2ブログ

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集(パパヴラミ/ルバカイト)

cover picture

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集
テディ・パパヴラミ(Tedi Papavrami)(Violin)
ムザ・ルバカイト(Muza Rubackyte)(Piano)
1995年12月 フランス,マルセイユでの録音
LYR 161 (P)(C)1997 LYRINX (輸入盤)
好録音度:★★★★☆

繊細で美しい演奏ですが,ちょっと神経質かなという気がしないでもありません。私としてはもう少し朗々と歌ってくれた方が安心して音楽に浸れるのですが...でも悪くはないですよ...念のため。

録音ですが,やや演奏者に近めにマイクがセッティングされているのか,直接音主体で明瞭感が高く,高域のヌケも良くクリアで好印象です。低域は薄めですが,全体のバランスとしては悪くありません。ピアノの音が若干間接音が多めになっていて,ヴァイオリン同様のクリアさが欲しかったと思います。

このCDはパパヴラミ氏1回目の録音。2回目は2007年録音でaeonレーベルからリリースされています(→HMV Onlineicon)。この1回目の録音は廃盤なのかあまり見かけませんが,amazon.frのマーケットプレイスに現時点でいくつか出ているようです。

[ブラームス][室内楽曲][ヴァイオリン]

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->