FC2ブログ

ベートーヴェン:交響曲第3番~第8番(ジョヴァンニ・アントニーニ指揮/バーゼル室内管弦楽団)

antonini_basel_beethoven_symphonies_no3_4.jpg
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」,第4番
ジョヴァンニ・アントニーニ指揮/バーゼル室内管弦楽団
録音不明
88697192522 (P)(C)2008 SONY/BMG (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon
antonini_basel_beethoven_symphonies_no5_6.jpg
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」,第6番「田園」
ジョヴァンニ・アントニーニ指揮/バーゼル室内管弦楽団
July 8-9, 2008, july 3-5, 2009 Kultur- unt Kongresszentrum Lucerne, Swizerland
88697648162 (P)(C)2010 SONY MUSIC (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,HMV Onlineicon
antonini_basel_beethoven_symphonies_no7_8.jpg
ベートーヴェン:交響曲第7番,第8番
ジョヴァンニ・アントニーニ指揮/バーゼル室内管弦楽団
July 5-7, 2010, july 4-6, 2012, Kultur- unt Kongresszentrum Lucerne, Swizerland
88765469372 (P)(C)2013 SONY MUSIC (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon
小編成モダンオーケストラによるベートーヴェンの交響曲。指揮者のジョヴァンニ・アントニーニ氏は古楽器アンサンブル「イル・ジャルディーノ・アルモニコ」の創設者だそうです。このベートーヴェンでもピリオド奏法が取り入れられています。

「小編成+モダン楽器」というキーワードに弱いのでついつい手を出してしまいました(^^;。ただしピリオド奏法は苦手なので,また「失敗した...」を覚悟して入手しましたが,これは録音も含めてトータルとしてまずまず気に入りました。ピリオド奏法が鼻につき,ガチャガチャと煩く感じる曲もあるのですが,キレが良く引き締まった演奏で聴き応えがあります。先鋭的すぎることもありません。アンサンブルも良く整っていて鍛えられていると思います。

録音ですが,弦楽器の音など大変綺麗なのですが,少し綺麗にまとめ過ぎて質感に乏しいきらいはあります。残響が気になる曲もありますが,ヌケが悪くなることも少なく,全体のサウンドとしての充実度もあってまずまず良好と言えます。生々しい質感には欠けるので好録音とは少し違いますが。

余談ですが,私の中では何となく第3番=黄,第5番=赤,第6番=緑,第7番=濃紺,という勝手なイメージがあるので,このジャケット写真の配色には違和感があり,特に第5番/第6番と第7番/第8番のディスクをいつも取り間違えてしまいます(^^;。

なお,第1番/第2番のディスクは既発売(手に入れるか思案中...),第9番はまだ発売されていないと思います。

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->