ヘッドホン・イヤホンの測定系を更新しました

ヘッドホン・イヤホン 周波数特性 測定結果」を公開していますが,その測定に使用している機材を一部更新しました。

今回の更新ですが,下記2点になります。
(1) オーディオ・インターフェースを RME Fireface UCX に変更
(2) マイク Panasonic WM-61A をファンタム式に変更

詳細は「ヘッドホン・イヤホン測定系 使用機材と構成(2014年5月~)」をご覧ください。

(2)は,「ShinさんのPA工作室」で製作されている「ファンタム式パナ改マイク fetII」というマイクからマイクカプセルを取り外し,WM-61Aを裸の状態のままにしたものをカスタムで製作していただいたものを活用させていただきました。

mic1_b.jpg
図1 ファンタム式に変更したヘッドホン測定治具


これにより,オーディオ・インターフェース Fireface UCX のマイク端子に直接接続できるようになり,測定系をシンプルにすることが出来ると同時に信頼性も上げられたと考えます。Shinさん,有り難うございました。

新しい測定系で,従来の測定系とほぼ同様の結果が得られることを確認できましたので,今後の測定は,この新しい測定系で行っていきます。

タグ: [ヘッドホン] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する