ベートーヴェン:交響曲集(ケント・ナガノ指揮/モントリオール交響楽団)

kent_nagano_montreal_beethoven_symphonies_no3.jpg
ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」
ベートーヴェン:バレエ音楽「プロメテウスの創造物」作品43より
ケント・ナガノ指揮/モントリオール交響楽団
2010年5月 モントリオール
88697857372 (P)2011 OSM (C)2011 Sony Music (輸入盤)
好録音度:★★★☆~★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
kent_nagano_montreal_beethoven_symphonies_no6_no8.jpg
ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調作品68「田園」
ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調作品93
ベートーヴェン:大フーガ変ロ長調作品133
ケント・ナガノ指揮/モントリオール交響楽団
2011年4, 5月 サル・ウィルフリード・ペルティエ,モントリオール
88697923602 (P)2011 OSM (C)2011 Sony Music (輸入盤)
好録音度:★★★☆~★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
kent_nagano_montreal_beethoven_symphonies_no1_no7.jpg
ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調作品21
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92
ケント・ナガノ指揮/モントリオール交響楽団
2013年3月 メゾン・サンフォニーク・ド・モントリオール
88843036172 (P)2014 OSM (C)2014 Sony Music (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
大きな編成のオーケストラ(たぶん・・・)で,この小気味よいスリムな演奏はとても気持ちがよい。モダン・オーケストラの一つの新しい方向性を示していると思います。しかし,この録音は微妙...

2010年から2011年にかけて収録された第3番,第6番,第8番の録音は,この演奏の良さを損なっていると思います。ホールの残響が多く被り,音色を汚しているばかりか,音のとらえ方も大味で雑味が多く,せっかくの切れの良い演奏がぼやけてしまっています。

一方,2013年に録音された第1番,第7番は逆にこの演奏の良さをより活かす録音で,雑味が少なく締まっていて,すっきりと見通しも良い好録音と言えます。こちらの録音で統一されていたら良かったのですが。残念です。

この他に,第5番,第9番のディスクがリリースされているのですが,手に入れようとする気を削がれてしまいました...まだリリースされていないと思われる第2番,第4番のディスクがリリースされたら...どうしようか悩みます。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する