ベートーヴェン,メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲(ローラ・ボベスコ(Vn)/エドガール・ドヌー指揮/ベルギー国立放送新交響楽団)

bobesco_beethoven_mendelssohn_violin_concertos.jpg
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調
ローラ・ボベスコ Lola Bobesco (Violin)
エドガール・ドヌー指揮/ベルギー国立放送新交響楽団
録音不明
DOM 2910 501X (P)(C)1982/1995 Classic Talent (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jp

ヴァイオリンという楽器の魅力がたっぷりと詰まった演奏ですね。ブラームスのヴァイオリン・ソナタでもその香り高さが素晴らしかったのですが,この演奏でもそれに通じる色香が感じられます。この人の熱烈な支持者の方が結構いらっしゃるというのも頷けます。こういった魅力的な音色を持った演奏家が昨今すっかりいなくなってしまったように思うのは私だけでしょうか。

録音ですが,ソロは若干残響の影響が多く出て私の好みではありませんが,それでも魅力的な音を十分に堪能できるという点で,この録音はまずまず良好ということが出来るかもしれません。むしろオーケストラの方が残響が抑え気味で締まった音響で録音されていて好感が持てます。ソロがもう少しすっきりと録音されていたら言うことはなかったのですが。

このディスクも現在は入手性が良くないのが残念です。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する