バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番(ヴォルフガング・シュナイダーハン)

schneiderhan1_bach_sonatas_and_partitas.jpg schneiderhan3_bach_sonatas_and_partitas.jpg
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番(*)
ヴォルフガング・シュナイダーハン Wolfgang Schneiderhan (Violin)
オイゲン・ヨッフム指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1959年4月29-30日 ベルリン イエス・キリスト教会
1955年1月12-15日 ウィーン コンツェルトハウス・モーツァルトザール(*)
PROC-1444 (P)1955,1959 Deutsche Grammophon (輸入盤)
Tower Records Vintage Collection +plus Vol.18 タワーレコード企画盤
好録音度:★★★★☆,★★★☆(*)
参考: Tower Records

CD試聴記」からの転載記事です。

ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は少し前にレビューしましたので(→こちら),今回はバッハです。バッハはおよそ10年前にLPで聴いて一度レビューしていました。印象は変わっていませんのでそのときの内容をそのまま引用しました。ジャケット写真(左)は今回の復刻盤CDのもので,右がオリジナルのジャケットだと思われます。

オーソドックスながら,切れのある重音奏法,まったく淀みのないテンポ感など,力強くキリッと引き締まった表現が好印象です。 緩急強弱も必要最小限,小細工が全くなくストレートそのもので,かえって清々しく感じます。 前半の4楽章は速めのテンポが気持ちよく,シャコンヌは前半と比較するとやや腰を据えてじっくり取り組んでいるという印象を受けます。

録音はモノラルです。 ほんの少し残響を伴っていますが,気になるほどのことはなく,十分な明瞭感があります。 古い録音のためもあって,やや歪み感が多く,また,音色も古臭さがありますが, この時期の録音と思えば十分に鑑賞に耐えうると思います。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する