ブラームス:交響曲全集,他(クラウディオ・アバド指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)

abbado_bpo_brahms_complete_symphonies.jpg
ブラームス:交響曲全集
クラウディオ・アバド指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1987年~1991年 ベルリン,フィルハーモニー,シャウシュピールハウス(第4番)
544604Z Musical Heritage Society (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon(以上,DG盤)

このディスクには,交響曲の他に,大学祝典序曲,悲劇的序曲,ハイドンの主題による変奏曲,運命の女神の歌,アルト・ラプソディ,運命の歌,哀悼の歌(悲歌),が収録されています。このディスクを入手したのはだいぶ前なのですが,その頃,探しても現役盤が見つからず,DGからライセンスされたMusical Heritage Societyのものしか見つからなかったため,仕方なく入手したものです。本当に現役盤がなかったのか今となってはわからないのですが,今では廉価盤の全集もありますし,分売もあって入手には困らないですね。

この演奏はものすごいですねぇ。ベルリン・フィルを最大限に鳴らした,怒濤のごとく押し寄せてくるサウンドに圧倒されます。これがアバドらしい演奏なのかは私にはよくわからないのですが,もしかしたらベルリン・フィルを抑え切れていないのかもしれないと思ってしまいます。これはアバドというよりもカラヤンが築いたベルリン・フィルの延長線上にある演奏なのかもしれません。後にベルリン・フィルと完成させたベートーヴェンの全集のことを思うと,この時期に再録音をしておいて欲しかったと正直なところ思うのですが,この演奏はこれでブラームス演奏の一つの到達点という気もします。

録音ですが,残響を適度に入れながらベルリン・フィルの分厚いサウンドを濃く捉えたもので,ドイツ・グラモフォンのオーケストラ録音としては標準的な出来だと思います。私の好きなタイプの録音ではありませんが,弦楽器中心に構成しているので印象は悪くありません。

第1番 14:13/9:39/5:06/16:29 提示部リピートあり
第2番 20:57/9:58/5:20/9:43 提示部リピートあり
第3番 13:35/8:24/6:27/9:01 提示部リピートあり
第4番 13:06/12:10/6:26/10:03

タグ: [交響曲] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する