メイヴ・ギルクライストのケルティック・ハープ(その3)

この連休はメイヴ・ギルクライストのケルティック・ハープにはまってしまいました。時間があると美しいハープの音色に耳を傾けていました。すでに昨日紹介済みですが,2つの動画を埋め込みで再度紹介します。

一つ目はハープ独奏。



もう一つはタップダンスとの共演です。



音楽が美しいのはもちろんですが,弾いている仕草まで美しいですねぇ。また,リズム感の良さも光っています。このノリはクラシック音楽ではなかなか得られません。とても気持ちの良い音楽です。オーダーしているディスクの到着が本当に待ち遠しいです。

このハープはペダルがないので転調するときは各弦に付いているレバーを操作するんですね...

タグ: [YouTube] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する