グレン・グールドのバッハ:ゴルトベルク変奏曲(1981年録音)のリピートを調べてみた

今聴いている,とあるゴルトベルク変奏曲の演奏が,ご多分に漏れずリピートの省略が多い残念な録音でした。以前より何度も申し上げているとおり,私はリピートは出来るだけ楽譜通りやって欲しい方なので,リピートの省略の多い演奏はいつも残念に思いながら聴いています。

世の中のクラシックファンの皆様はリピートの省略に寛容なのか,ほとんど省略に対する批判を見かけません。私が神経質なだけかもしれませんが,私にとっては重要なことなので,今後のレビュー記事では出来るだけリピートについても触れていきたいと思っています。特にゴルトベルク変奏曲。

それで,リピートの省略といえばやっぱり最初にグールドの演奏を確認しておきたい,ということで,確認してみました。結果は次の通りです。アリアと全ての変奏がAABBの二部形式になっていますので,前半・後半のリピートの有無をそれぞれ○×で示しています。○はリピートあり,×はリピート省略です。

■グレン・グールド(1981年録音) 演奏時間 約52分
Aria ××
Var.01 ×× Var.02 ×× Var.03 ○×
Var.04 ○× Var.05 ×× Var.06 ○×
Var.07 ×× Var.08 ×× Var.09 ○×
Var.10 ○× Var.11 ×× Var.12 ○×
Var.13 ×× Var.14 ×× Var.15 ○×
Var.16 ×× Var.17 ×× Var.18 ○○
Var.19 ×× Var.20 ×× Var.21 ○×
Var.22 ○× Var.23 ×× Var.24 ○×
Var.25 ×× Var.26 ×× Var.27 ○×
Var.28 ×× Var.29 ×× Var.30 ○×
Aria da capo ××

やっぱりリピート省略が多かったです... もう少しリピートしてたかなと思っていたのですが...

タグ: [器楽曲]  [ピアノ] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する