Song of Delight (メイヴ・ギルクライスト Maeve Gilchrist) ~ ケルティック・ハープ弾き語りのジャズ・アルバム

maeve_gilchrist_song_of_delight.jpg
Song of Delight
メイヴ・ギルクライスト Maeve Gilchrist (Celtic Harp)
April-October 2010
AMA1066 2 (P)(C)2011 Adventure Music (輸入盤)
参考: Amazon.co.jpHMV Onlineicon
ケルティック・ハーピスト,メイヴ・ギルクライストの2011年リリースのアルバム。ベースとのアンサンブルとヴォーカルが中心で,フィドルがサポート的に加わります。かなりジャズ色が強いアルバムで,先に紹介した最近の二枚のアルバム“20 Chandler Street”,“The Ostinato Project”とはだいぶ趣が異なります。トラッド色,ケルティック色はあまりありません。

ジャズはあまり聴かないので最近のトラッド的なアルバムの方が好きなのですが,ケルティック・ハープの弾き語りによるジャズなどあまりないと思いますから,これはこれで楽しめました。大御所フィドラーのDarol Angerが少しだけ控えめに参加しています。私としては彼がもっと対等にやり合っているアルバムを期待したいのですが...(と,メイヴさんにメールでリクエストを出したのですが,これについてははぐらかされてしまいました(^^;)。

タグ: [ハープ] 

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する