FC2ブログ

シベリウス,チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲(シャハム/シノーポリ/フィルハーモニア管弦楽団)

cover picture

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
ギル・シャハム(Gil Shaham)(Violin)
ジュゼッペ・シノーポリ(Giuseppe Sinopoli)(Conductor)
フィルハーモニア管弦楽団(Philharmonia Orchestra)
1991年12月 ロンドン All Saints Church, Tooting.
POCG-1683(437-540-2) (P)1993 Deutsche Grammophon GmbH, Hamburg (国内盤)
好録音度:★★★★
参考url: HMV Onlineicon

技巧は完璧。 細かいパッセージまで音の一粒一粒まで明瞭に聴こえてくるのには驚きました。ただ,大見得を切りながら力でねじ伏せるように曲を運んでいくので,ちょっと私の聴きたいシベリウスとはイメージが違うと思いました。もう少し繊細さと情緒感が欲しい。それでもやっぱり超一級の演奏であることは認めざるを得ないかなと。逆にチャイコフスキーの方が丁寧に進めていっているようで,こちらこそシベリウスのような演奏の方が似合ってるんじゃないかと思うのですが。

録音は,オーケストラに対して不自然なくらいにヴァイオリンにフォーカスしており,コンサート会場ではこんな風にはきっと聴こえないだろうな,と思いつつも,録音の場合はこれくらいはっきりとソロを捉えてくれていた方が好ましいと思います。ヴァイオリン協奏曲の録音としてはかなり好きな方です。

(Side Bからの移行記事) [シベリウス][チャイコフスキー][協奏曲][ヴァイオリン]

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->