FC2ブログ

バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲(ゲーベル/ムジカ・アンティクヮ・ケルン)

cover picture

バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲 BWV1046-1051
バッハ:三重協奏曲イ短調 BWV1044
ラインハルト・ゲーベル(Reinhard Goebel)(Conductor)
ムジカ・アンティクヮ・ケルン(Musica Antiqua Köln)
1986年6月(BWV1046-1048), 1987年2月(BWV1049-1051), 1987年6月(BWV1044) ケルン
ARCHIV POCA-3068/9(469 082-2) (P)1987 Polydor International GmbH (国内盤)
好録音度:★★★
参考url: HMV Onlineicon

古楽器の演奏の中でもとりわけその過激さで有名ですね。確かにテンポが速く鮮烈です。第三番の終楽章,第六番の第一楽章などはべらぼうに速すぎて別の曲かと思ってしまうほど。低弦の刻むリズムが極端に攻撃的でマシンガンを撃ちまくっているような感じさえ受けます(^^;。これはちょっと...と思うところも多くあります。すさまじいテンポに良くこれだけ一糸乱れずアンサンブルが出来るものだと感心しますが(でも肝心のソロがついていけていないところもある),速すぎて何を弾いているのかようわからんのはやっぱりやり過ぎじゃないのかな...でも何度も聴いているとだんだん毒されてきて快感に変わってくるのが恐ろしいです。しかしよく聴くと決して過激さばかりではないというのはわかる気がします。

録音は響きを多く取り入れているので私の好みではありません。 オーディオ的には悪くないとは思いますが。

(Side Bからの移行記事) [バッハ][協奏曲]

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->