メンデルスゾーン,ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲(五嶋みどり/マリス・ヤンソンス指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)

midori_mendelssohn_bruch_violin_concertos.jpg
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調作品26
五嶋みどり MIDORI (Violin)
マリス・ヤンソンス指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
January 11-13, 2003(Mendelssohn), June 18-19, 2002(Bruch), Philharmonie, Berlin.
SK 87740 (P)(C)2003 Sony Music Entertainment (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ライヴ録音で,演奏後の拍手まで収録されています。

技術的に非の打ち所がない完璧さを誇るのはもちろんですが,魂の込め方が尋常ではないです。あの小柄で華奢な身体からは想像できない圧倒的で輝きに満ちた音楽が生み出されていく,本当に素晴らしいです。MIDORIさんは日本人の誇りです。メンデルスゾーンも良いのですが,ブルッフは最高ですね。もしかしたら今まで聴いた中で一番かもしれない,と思いました。

録音ですが,ソロは少し控えめな捉え方ながらクリアに捉えられていて好感が持てます。オーケストラを含め響きが美しく録られています。残響感はそれほど多くなく好ましいバランスに抑えられています。欲を言えばソロの下支えがやや弱くボディ感が希薄なので,もう少し寄って質感を強めに出して録って欲しかったと思うのですが,これが不自然にならないぎりぎりのところだったのかもしれません。協奏曲の録音としては標準的にまとめられていて悪くはないと思います。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する