FC2ブログ

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲,二重協奏曲(フィッシャー/ミュラー=ショット/クライツベルク/オランダ・フィル)

cover picture

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102
ユリア・フィッシャー(Julia Fischer)(Violin)
ダニエル・ミュラー・ショット(Daniel Müller-Schott)(Cello)
ヤコフ・クライツベルク(Yakov Kreizberg)(Conductor)
オランダ・フィルハーモニー管弦楽団(Netherlands Pilharmonic Orchestra Amsterdam)
Yakult Hall, Beurs van Berlage, Amsterdam (December 2006, Violin Concerto; December 2005, Double Concerto)
Penta Tone Classics PTC 5186 066 (P)(C)2007 Penta Tone Music (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考url: HMV Onlineicon

ヴァイオリン協奏曲の感想です。拍の頭で一切溜めることなく切り込んでいくので,前に前に転ぶように曲が進んでいきます。勿体ぶったところが全くない,推進力ある強気の曲運びが潔いです。若さの特権を使い切ったような(?)勢いのある演奏です。かわいい顔してやってくれますねぇ。

録音も悪い印象はありませんが,若干ソロが小さめで,もう少しヴァイオリンにフォーカスしていてもいいんじゃないかという気がします。

(Side Bからの移行記事) [ブラームス][協奏曲][ヴァイオリン]

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

-->