ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第4番,第8番(ライアン・ウィッグルスワース&ヴラディーミル・ユロフスキ指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団)

jurowski_lpo_vaughan_williams_symphonies_no4_8.jpg
ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第4番,第8番
ライアン・ウィッグルスワース指揮(第4番)
ヴラディーミル・ユロフスキ指揮(第8番)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
2013/5/1(No.4),2008/9/24(No.8) ロイヤル・フェスティヴァル・ホール
LPO-0082 (P)(C)2015 London Philharmonic Orchestra (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

いつも参考にさせていただいているクラシック音楽CDの雑談で紹介されていたディスク(有り難うございます)。ユロフスキ指揮ロンドン・フィルのディスクは好録音が多かったので,期待して手にしました。ヴォーン・ウィリアムズの交響曲は初めて聴いたのですが,まだ掴み所がわからないです...

それで肝心の録音なのですが,残響が控えめで邪魔になる響きがほとんどないのは期待通りなのですが,音像がこぢんまりとしていて立体感があまりなく,そのため各楽器の分離感も今一歩です。また,少しマイク距離が遠いのか,わずかにハイ落ちで楽器の質感も弱まっています。好録音ではあると思うのですが,高域の伸びと空間的なスケール感がもう少しあれば,なおよかったのに,と思います。惜しいです。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する