FC2ブログ

ハイランダーズ・フェアウェル(アラスデア・フレイザー&ナタリー・ハース)

cover picture

ハイランダーズ・フェアウェル(Highlander's Farewell)
アラスデア・フレイザー(Alasdair Fraser)(Fiddle)
ナタリー・ハース(Natalie Haas)(Cello)
CUL123D (P)(C)2011 Culburnie Records (輸入盤)
 æ„›è´ç›¤ ã€€å¥½éŒ²éŸ³åº¦ï¼šâ˜…★★★☆
参考: HMV Online,Amazon.co.jp

ヴァイオリンとチェロによるスコティッシュ・トラッド・アルバム。以前レビューしたイン・ザ・モーメントがすごく良かったので,つい最近発売されたこのアルバムも聴いてみました。うーん,これもいい! すごく楽しいし元気が出ます。

トラッドとモダンが程良く混じり合った感じで,トラッドながら古臭いこともなければ田舎臭いところも全くありません。アラスデア・フレイザーの流麗なフィドルは冴え渡っていますし,ナタリー・ハースの刻むチェロのリズムも絶妙です。

ナタリー・ハースの妹(?)のブリタニー・ハースもゲスト参加しています。一カ所だけ見事なチョップ奏法を聴かせてくれるところがあります。チョップ奏法が入ると俄然音楽が締まってカッコ良くなります(ダロール・アンガー仕込みか?)。フレイザーがこの奏法を使わないのはちょっと残念です。

で,このアルバムは録音もいいです。恐らくスタジオで録音しています。直接音が支配的で極めて明瞭,音色もまったく色づけされていません。わずかに響きがまとわりついていますがほとんど気になりません。いわゆるポピュラー音楽的な録り方ですが,不自然に感じることはありません。録音が良いと音楽が何倍も楽しくなりますね。

ということでこのアルバムも当たりでした。この二人の組み合わせで7年前にもう一枚出しているので,これもそのうち聴いてみたいと思います。

YouTube映像があったので...このアルバムの4曲目に収められている“Grand Etang/Hull's Reel”。後半をぜひ見てみてください。

Sir John Alot(ジョン・レンボーン)

cover picture

Sir John Alot(1968å¹´)
ジョン・レンボーン(John Renbourn)(Guitar)
CMRCD597 (P)(C)2002 Sanctuary Records Group Ltd. (輸入盤)
参考: HMV Online,Amazon.co.jp

ジョン・レンボーンは英国のフォーク・ギタリスト。このアルバムの正式なタイトルは “Sir John A Lot of Merry Englandes Musyk Thynge and ye Grene Knyghte” らしいです。40年以上前の1968年のリリース,私がまだ幼い頃に録音されたということで,そう思うと相当古いよなぁ...と思ってしまいます。このアルバムを手にしたのは20年くらい前だったと記憶しています(例によってなぜこれを手にしたのか記憶にない...)。先日このリマスター盤を発見して,持っているのに思わず買ってしまいました。以前から持っているものと聴き比べてみると...音は確かに良くなっているが...左右が逆だ(なんで?)(^^;。

Wikipediaにもありますが,この人の音楽はフォーク,トラッドをベースにしながらも古楽からジャズ,民族音楽まで非常に幅が広いことに驚かされます。ギターの腕前がすごいという感じではありませんが,独特の味のあるギターが気に入っています。

このアルバムの前半は古楽的で中世の音楽のようなちょっと神秘的な雰囲気を持って,後半はモダンでブルースやジャズに近い音楽です。

録音は音がやっぱりちょっと古臭いですねぇ...でもこれがかえってこの音楽の雰囲気作りに役に立っているのかもしれません。

タグ: [ギター] 

イン・ザ・モーメント(アラスデア・フレイザー&ナタリー・ハース)

cover picture

イン・ザ・モーメント(In The Moment)
アラスデア・フレイザー(Alasdair Fraser)(Fiddle)
ナタリー・ハース(Natalie Haas)(Cello)
CUL 122D (P)(C)2007 Culburnie Records (輸入盤)
 æ„›è´ç›¤ ã€€å¥½éŒ²éŸ³åº¦ï¼šâ˜…★★★☆
参考: Amazon.com

また脱線します。

アラスデア・フレイザーはスコティッシュ・フィドルのプレイヤー。チェロのナタリー・ハースは先日紹介したブリタニー・ハースの姉であろうと思われます。ヴァイオリンとチェロの二重奏のトラッド,興味津々で聴きました。フィドルの流麗な美音(本当に綺麗な音だ!)とチェロの刻むキレの良いリズムの対比がなかなかの聴きものです。伝統音楽をベースにしながらも古臭くなくちょっとモダンで爽やかなところが気に入りました。

録音が良いのもうれしいです。チェロに若干の響きが伴っているものの,フィドルの方はクリアそのもの。美音を余すことなく捉えています。クラシック的な録音ではありませんが,スタジオでクリアに録音することがどれだけ素晴らしいことかを教えてくれる好録音と言えます。

力量的にはクラシックの演奏家にはやはり及ばないのですが,彼らならではの音楽がこれまた楽しいのです。Amazon.comやiTunes Storeでも試聴出来ますので(後者の方が音が良い),興味を持たれましたらぜひ聴いてみてください。

ブリタニー・ハース(オールドタイム・フィドルのアルバム)

cover picture

ブリタニー・ハース(Brittany Haas)
OOK CD 001 (P)(C)2004 Ook Records
参考: Amazon.com,CD Baby

今日もちょっと脱線します。すみません。

ブリタニー・ハースは米国のオールドタイム(*1)のフィドラー。ダロル・アンガーが主催するRepublic of Stringsにも参加していました。彼女の弾くヴァイオリンは五弦で,オープンチューニングを使っているようです(通常のチューニングは低弦からCGDAEですが,解説書に記載されているだけでもDADAE, ADDAD, AAEAC#, C#F#C#F#C#, といったチューニングを使い分けています)。ヴァイオリンのオープンチューニングは初めて見ました。

このアルバムは彼女の唯一のソロアルバムです。参加メンバーはダロル・アンガー(fiddle, mandolin),ルシャド・エグルストン(cello),ナタリー・ハース(cello, たぶん姉),スコット・ニガード(guitar)といったRepublic of Stringsの面々です(1曲だけバンジョーのアリソン・ブラウンが参加)。

オールドタイムということだけあって,古き佳き米国の田舎の音楽という感じであり,底抜けの明るさとほのぼのした雰囲気がいいですね。これも最近見つけた当たり盤でした。(残念ながら録音はあまり良くありません)

1曲目に収められている“Duck River”の演奏がYouTubeで公開されていました(ここではRepublic of Stringsとしての演奏です)。



一番左で弾いているのがブリタニー・ハースで,その隣がダロル・アンガーです。最初穏やかに始まりますが,後半の盛り上がりが聴きものです。弾いている姿が見られる貴重な映像です。これは本当にうれしいです。

もう一つ,姉(?)のナタリー・ハースと弾いている映像がありましたので載せておきます。何気ない単純な曲ですが,これもすごくいいです。お気に入り映像です。




*1 “オールドタイム”については オールドタイム&ブルーグラスというサイトに詳しく載っていましたのでリンクしておきます。

ペンギン・エッグス(ニック・ジョーンズ)

cover picture

ペンギン・エッグス(Penguin Eggs) (1980年リリース)
ニック・ジョーンズ(Nic Jones)
TSCD411 (P)(C)1991 Topic Records Ltd (輸入盤)
 æ„›è´ç›¤ ã€€å¥½éŒ²éŸ³åº¦ï¼šâ˜…★★★☆
参考: HMV Online,Amazon.co.jp

英国トラッドのミュージシャン。実は一週間前にはその名前すら知りませんでした。とあるサイトで(そのサイトがどこか見失ってしまいましたが)すごく良いということが書いてあり,元々英国のトラッドには親しみを持っていたので,半ば衝動的に手に入れる行動に走ってしまいました。

彼自身は歌とギターとフィドル,あとTony Hall(melodeon), Bridget Danby(recorders, vocals), Dave Burland(vocals)が参加しています。音楽は彼のギターと歌が中心です。

それにしても何と素朴でホッとする音楽なんだろう。ギターも味があるし歌もいい。そして何の作為も演出も感じられないストレートな録音がまた素晴らしいです。感激しました。

世の中にはまだまだ知らない素晴らしい音楽があるんだというのを実感。このアルバムは大当たりでした。あぁ,またはまってしまいそう...いかんいかん(^^;

パトリック・ストリート・ライヴ

cover picture

パトリック・ストリート・ライヴ
ケヴィン・バーク(Kevin Burke) - fiddle
ジャッキー・デイリー(Jackie Daly) - accordion
アンディー・アーヴァイン(Andy Irvine) - vocals, bouzouki, mandolin, hurdy-gurdy, harmonica
ジェド・フォーリー(Ged Foley) - guitar, fiddle
Recorded Live in November 1998 while on tour in Britain & Ireland
GLCD 1194 (P)(C)1999 Green Linnet Records, Inc. (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考url: Green Linnet,HMV Onlineicon

パトリック・ストリートはアイルランドのトラッドグループです。下に写真を載せましたが,いい歳したおっさんのバンドです。結成当時(1987年頃?),それぞれの奏者はすでにキャリアを積んだベテランで,最初のアルバムもほとんどぶっつけ本番で録音したとそのアルバムの解説書に書いてありました。インストゥルメンタル曲とボーカル曲が半々くらいです。

自分がパトリック・ストリートのファンなのか今ひとつ自分でもわからないのですが(^^;,一応今までに出たアルバムは全て入手しました。いずれCD試聴記にディスコグラフィくらい載せたいと思っているのですが,なかなか手が着いていません。

ベテラン集団なので初期からほとんどキャラクターが変わらないのもこのバンドの特徴です。ケヴィン・バークのフィドルとジャッキー・デイリーのアコーディオンの超絶ユニゾンと,アンディー・アーヴァインのちょっと甘く哀愁を帯びた歌声がこのバンドの個性を決定づけています(ギターは影が薄い...)。どのアルバムの曲を聴いてもまるで金太郎飴のようにどちらかのパターンに入ります。で,このコテコテのアイリッシュ・サウンドがとても好きなんです。

このライヴアルバムは1998年のライヴツアーを収めたもので,パトリック・ストリートの魅力が凝縮されていてよく聴く一枚です。こんなライヴに一度行ってみたいものです。

patrick_street_live_member2.jpg
左から,ケヴィン・バーク,ジャッキー・デイリー,アンディー・アーヴァイン,ジェド・フォーリー

-->