FC2ブログ

ブラームス:交響曲全集(フィリップ・ジョルダン指揮/ウィーン交響楽団)

philippe_jordan_wso_brahms_complete_symphonies.jpg
ブラームス:交響曲全集
フィリップ・ジョルダン指揮/ウィーン交響楽団
2019年9月25,26,28,29日 ウィーン,ムジークフェラインザール
WS021 (P)(C)2020 Wiener Symphoniker (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

Apple Musicでの試聴です。昨年秋にベートーヴェンの交響曲全集をリリースされていて取り上げていました(→こちら)。このベートーヴェンは「快速でメリハリを効かせた小気味よさが気持ちの良い演奏」でしたが,今回のブラームスは堂々とした引き締まった演奏ではありますが,よりオーソドックスにまとめているように思いました。なので,普通に良いと思う一方,印象に残りづらく物足りないという気もしました。もう少し何かこうグッとくるところがあれば...というのは欲張りすぎでしょうか。

録音ですが,中低域の残響感がかなり多く,楽器音がその響きの中に埋もれるような感じがになってややモゴモゴした音になってしまっています。そのため少し遠くで鳴っているように聴こえ,手が届きそうで届かないもどかしさを感じます。ベートーヴェンの録音よりもやや落ちると思いました。私の好みとはかなり遠く離れていて少々残念に思います。残響が許せる方なら問題ないかもしれません。

タグ: [交響曲] 

ブラームス:交響曲第1番(久石譲指揮/フューチャー・オーケストラ・クラシックス)

joe_hisaishi_future_orchestra_classics_brahms_symphony_no1.jpg
ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68
久石譲指揮/フューチャー・オーケストラ・クラシックス
2020年2月12-13日 東京オペラシティ・コンサートホール(ライヴ収録)
OVCL-00733 (P)(C)2020 Octavia Records Inc. (国内盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo,Apple Music

最初の数秒聴いて,なんじゃこりゃー!と絶句するような下品極まりないティンパニーで開始...(でもまあここまでひどいのは最初の30秒だけでしたが)。全体にもの凄く速く,全曲のトータル時間が39分42秒です。第1楽章は最初のティンパニーもありますが,軍隊の行進かと思うような勇ましいところもあり,いいのかこれ...ブラームスで...というところが随所に出てきます。まあこういう演奏は嫌いではないし,楽しませていただいたのですが,勢い任せでちょっとやり過ぎ,品がないと思いました(もちろん狙い通りなんでしょうけど)。もう少し颯爽と格好良くやってほしいです。なお,第4楽章はこのスタイルがそこそこはまっていて良かったです。

録音ですが,中低域寄りであり,低域楽器が鳴り始めると全体に被って圧迫感がものすごいです。狭い空間を大音響で満たすような密度の高い音作りになっていて疲れます。もっと開放感,音場の広がり,分離感,見通しの良さが欲しいです。そんなに編成の大きなオーケストラではないのに,その特徴を活かすような録音ではないように思います。私としては少々残念です。

さて第2番以降がどのような演奏になるのか楽しみではあるのですが...ちょっと想像がつきません。

タグ: [交響曲] 

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第1番~第4番(フランク・ペーター・ツィンマーマン/マルティン・ヘルムヒェン)

frank_peter_zimmermann_martin_melmchen_beethoven_violin_sonatas_1-4.jpg
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ集 第1番~第4番
フランク・ペーター・ツィンマーマン Frank Peter Zimmermann (Violin)
マルティン・ヘルムヒェン Martin Helmchen (Piano)
September 2019 at the Siemens Villa, Berlin, Germany
BIS-2517 (P)(C)2020 BIS Records AB (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

全曲録音に向けての第一弾とのこと。ツィンマーマンの弾く楽器は1711年製のストラディヴァリウス「レディ・インチクイン」で,クライスラーが所有していた銘器,一方ヘルムヒェンの弾くピアノは2013年にダニエル・バレンボイムがベルギーのピアノ製作者クリス・マーネに製作を依頼した平行弦ピアノとのことで,このあたりもちょっと興味深いところです。

演奏は,抜群のキレを誇るテクニックを活かした推進力と躍動感に溢れたもので,これは大変素晴らしい出来ですね。かなり速いテンポでグイグイと進んでいくのですが,直線的にならず,一つ一つの音の表現が細やかで起伏に富みダイナミックかつニュアンス豊かです。ワクワクが止まりません!

録音ですが,残響はかなり多めであとにだいぶ尾を引くのですが,楽器音への被りは少なめで,明瞭感とヌケの良さはなんとかあるため,残響量の割には印象は悪くありません。ただやっぱりこの残響は過剰でまとわりつきが鬱陶しく感じられ,好みの録音とは少し外れます。この録音であれば残響が許せる方には問題ないかもしれませんが。だいぶオマケの四つ星半ですが,好録音というには少し引っかかります。

チャイコフスキー,ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ(コリン・デイヴィス指揮/バイエルン放送交響楽団)

colin_davis_sobr_tchaikovsky_dvorak_serenade_for_strings.jpg
チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調 作品48
ドヴォルザーク:弦楽セレナード ホ長調 作品22
コリン・デイヴィス指揮/バイエルン放送交響楽団
1970年9月 ロンドン
PROC-1348 (P)1988 Decca Music Group (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records *Tower Records Vintage Collection +plus The Art of Sir Colin Davis

タワーレコード企画盤。これも定評のある演奏だと思います。大オーケストラによる豊潤なサウンドが魅力です。演奏はどちらかといえばゆったりと優しく柔らかいのが特徴です。

録音ですが,残響が多くやや遠くで鳴っている印象で,シルクのような質感がある一方,音の輪郭がモヤッとしていて明瞭感に乏しいです。こういう録音が好みの方もいらっしゃるとは思いますが,私の好みからはだいぶ離れている感じです。

なお,下記の曲がカップリングとして収録されています。初CD化とのことです。

ニコライ:歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲 K.620
(以上,BBC交響楽団)

チャイコフスキー,ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ(ネヴィル・マリナー指揮/アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ)

neville_marriner_asmf_tchaikovsky_dvorak_serenades_1981.jpg
チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調 作品48
ドヴォルザーク:弦楽セレナード ホ長調 作品22
ネヴィル・マリナー指揮/アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
1981年6月19-23日, 1982年2月12-14日 ロンドン
PROC-1788 (P)1982,1983 Decca Music Group (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records

Tower Records Premium Classics Vol.2。これもご存じの通り同曲の定番中の定番。チャイコフスキーは一度取り上げていました(→こちら)。また同顔合わせで1968年/1970年にも録音されていました(→こちら)。

改めて聴いてみて,室内管弦楽団の編成にしてはかなり重厚な響きを出しているのに驚きます。それでいてキレがありテンポ良く音楽が進んでいくのが気持ち良いです。機動性のある演奏はさすがです。

一方録音ですが,先ほど述べた重厚な響きは録音によるところも大きいと思います。残響を多めに取り入れて響きを補完しているように思います。これがこの団体の演奏を活かす録音かというと,私は少し疑問に思いますが,まあ弦楽器の音色を楽しむという点では良いかもしれません。私としてはもう少し響きを抑えてスッキリと見通しよく,キレのある演奏を活かす録音にして欲しかったと思いますが。

本盤,タワーレコードの企画盤ですが,レーベルの現役盤はもしかしたらないかもしれません。こういう名盤でも廃盤になってしまうのは残念なことです。タワーレコードに感謝。

チャイコフスキー,ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ(ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)

herbert_von_karajan_bpo_tchaikowsky_dvorak_string_serenades.jpg
チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 作品48
ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ ホ長調 作品22
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1980年9月 ベルリン,フィルハーモニー
UCCG-51051 (P)1981 Deutsche Grammophon (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

皆様よくご存じの名盤。久しぶりに聴きました。良くも悪くもカラヤン/ベルリン・フィルの特徴が詰まっていると思います。プレーヤ全員の「俺の音を聴け!」と言わんばかりの自己主張の集合体のような分厚いサウンドを引き出すカラヤンの手腕に感嘆するも,一方で縦の線もバラバラ,音程が悪いどころか,明らかなミスと思える音程外しも放置する雑な仕上げが散見されます(ドヴォルザークの第2楽章4:06など)。この壮麗なサウンドの魅力を感じつつも,粗がどうしても我慢できないのも正直なところ。好き嫌いがはっきり分かれる演奏でしょうね。

録音ですが,残響感はそれほど多くないものの,少し高域の伸びが足らず,音色の曇りは感じられますが,ベルリン・フィルの弦楽器の魅力をキッチリ伝えてくれるだけの明瞭さは確保されていると思います。悪くはないと思いつつ好録音というには少しものたりないので四つ星です。

ベートーヴェン:交響曲全集(ウィリアム・スタインバーグ指揮/ピッツバーグ交響楽団) Deutsche Grammophon盤とSt-Laurent Studio盤

william_steinberg_pittsburgh_so_beethoven_the_symphonies_box.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
ウィリアム・スタインバーグ指揮/ピッツバーグ交響楽団
1962-1966年 ピッツバーグ,ソルジャーズ&セイラーズ・メモリアル・ホール
483 8344 (P)2020 Deutsche Grammophon (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

william_steinberg_pittsburgh_so_beethoven_complete_symphonies_st-laurent_studio.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
ウィリアム・スタインバーグ指揮/ピッツバーグ交響楽団
1961-1965年 ピッツバーグ,軍人会館
YS332403 St-Laurent Studio (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower Records,HMV Onlineicon

スタインバーグ指揮/ピッツバーグ交響楽団のベートーヴェン交響曲全集のDeutsche Grammophonからの復刻です。以前St-Laurent Studioというレーベルからリリースされていました。所有しているはずなのですが,見当たらず(最近こんなのばっかり...(^^;)。このSt-Laurent Studio盤はLPからの板起こしですが,今回のDG盤はマスターもしくはマスターに近い音源からの復刻と思われます(オリジナルは35mmマグネティックフィルムとのこと)。

St-Laurent Studio盤はリッピングした音源はあったので今回のDG盤と聴き比べて見ました。St-Laurent Studio盤は板起こしとはいえそこそこ音質的には健闘していると思いますが,やはり今回のDG盤の方が格段に音質は良くなっていると思います。1960年代の録音としてどうかというと,音の伸びや帯域感ではやはり時代を感じずにはいられないのは仕方ありませんが,この時代ならもう少し頑張って欲しかったな,という感じの音質で,あまり良くはありません。曲ごとの音質のばらつきも少し大きめです。

演奏は質実剛健というか,引き締まった硬派な演奏だなと思いました。良いと思います。もう少し録音が良かったらなと少々残念です。

なお,DG盤とSt-Laurent Studio盤の録音年が少し食い違っています。DG盤は第4番(1962年),第8番・第9番(1966年)に対し,St-Laurent Studio盤は第4番(1961年),第8番・第9番(1962年)となっていました。聴いた限りは同じ演奏と思われます。どちらが正しいかは...

タグ: [交響曲] 

ブラームス:弦楽四重奏曲全集,ピアノ五重奏曲(ベルチャ四重奏団,ティル・フェルナー)

belcea_quartet_brahms_string_quartets.jpg
ブラームス:弦楽四重奏曲全集,ピアノ五重奏曲
ベルチャ四重奏団 Belcea Quartet
ティル・フェルナー Till Fellner (Piano)
16-17 November 2014(No.1), 6-7 March 2015(No.2), 16-17 May 2015(No.3), 21-22 December 2015(Piano Quintet), Aldeburgh Music, Britten Studio, Snape (United Kingdom)
ALPHA 248 (P)(C)2015 ALPHA CLASSICS (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo,Apple Music

このディスク,以前一度検討して購入を見合わせていました。レコード芸術誌の2020年5月号の特集「新時代の名曲名盤500」で1位に選出されていて,Apple Musicで試聴してみて良かったので購入することにしました。

演奏ですが,個々の奏者の奏でる音が大変魅力的で,その絡み合いの結果生み出されるドラマティックな音楽にとても惹きつけられます。技術的にも上手いですし,キレも抜群,アンサンブルも隙がありません。さすが前述の通り1位に選出されるだけのことはあります。

そして録音ですが,残響感というか録音会場の響きの付帯音が少し多めですが,それぞれの楽器の質感はしっかり濃いめに捉えられていて好感が持てます。ただ,演出感も強めなため,現実感の薄い作り物という感じがしてしまうのが惜しいところです。とはいえ,弦楽四重奏曲の録音としてまずまずの好録音と思います。

これは買って正解でした。

ブラームス:交響曲第2番(ピエール・モントゥー指揮/ロンドン交響楽団) タワレコ盤と豪エロクエンス盤

pierre_monteux_lso_brahms_symphony_no2_1962_tower_records.jpg
ブラームス:交響曲第2番,大学祝典序曲,悲劇的序曲
ピエール・モントゥー指揮/ロンドン交響楽団
1962年11月29日-12月1日 ロンドン
PROC-2137 (P)(C)2018 Universal Music (国内盤)
好録音度:★★★★★
参考: Tower Records *Tower Records Vintage SA-CD Collection Vol.10

pierre_monteux_lso_brahms_symphony_no2_1962.jpg
ブラームス:交響曲第2番,悲劇的序曲,大学祝典序曲
ピエール・モントゥー指揮/ロンドン交響楽団
録音 1962年11月 ロンドン
480 8911 (P)(C)1965 (C)2016 Universal Music Australia (輸入盤)
好録音度:★★★★★
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

豪エロクエンスシリーズのディスクは依然取り上げていました(→こちら)。録音についてのコメントは前回のコメントを参照いただきたいのですが,その際も五つ星の好録音としていました。1962年という古い録音であることを念頭に置いて読んでいただきたいのですが,それでも改めて聴いてみてもその評価は変わりません。

そして,タワーレコードの企画盤の方ですが,2018年の最新マスタリング音源使用ということで,これがどのように改善されているのか,とても興味深かったので,購入して聴いてみました。

その結果ですが...豪エロクエンスシリーズでも不満なく十分だったのですが,タワレコ盤の方は,鮮明さというか鮮度がさらに改善されているように思いました。ただし,一方でややカサカサした乾いた質感も強調されていて,ちょっと過補正気味か?とも思いました。もちろんタワレコ盤がある意味良くなっていることは間違いないのですが,バランス的に,聴く機器や環境によって評価が変わるかもしれません。

古い録音のリマスタリングの難しさを感じた一枚でした。

それにしても改めて聴き直してみて,古い録音ですが,全く不満なくストレスなく音楽を堪能出来る素晴らしい録音だなと思いました。昨今の録音は,クオリティこそ高いけど音楽として全然面白く聴こえないものが多いのはなぜなんだろうと思ってしまいます。いやほんとに。

■購入ディスクメモ(2020年8月) その2

最近購入したディスクのメモです。



joe_hisaishi_future_orchestra_classics_brahms_symphony_no1.jpg
ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68
久石譲指揮/フューチャー・オーケストラ・クラシックス
2020年2月12-13日 東京オペラシティ・コンサートホール(ライヴ収録)
OVCL-00733 (P)(C)2020 Octavia Records Inc. (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,e-onkyo,Apple Music

ベートーヴェンの交響曲全集では第4番,第6番を単売せず全集化するという,単売のディスクを購入してきたファンの気持ちを踏みにじる暴挙を行った彼ら(記事はこちら)←まだ根に持っているちっちゃい自分(^^;。二度と買うものかと心に誓ったのにまた買ってしまいました。悲しい。



mari_iwamoto_string_quartet_beethoven_string_quartets.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲集
巌本真理弦楽四重奏団
放送日 1962年~1971年 ニッポン放送「新日鉄コンサート」録音
KKC 2524/5 (P)2020 NIPPON BROADCASTING SYSTEM (国内盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon

ニッポン放送「新日鉄コンサート」録音(当時「フジセイテツ・コンサート」)からのCD化。収録曲は下記の通りです。

弦楽四重奏曲第1番ヘ長調作品18の1 (1970年)
弦楽四重奏曲第3番ニ長調作品18の3 (1971年)
弦楽四重奏曲第11番ヘ短調作品95「セリオーソ」(1068年)
弦楽四重奏曲第8番ホ短調作品59の2「ラズモフスキー第2番」(1962年)
弦楽四重奏曲第13番変ロ長調作品130より第5楽章カヴァティーナ (1968年)
弦楽四重奏曲第16番作品135 (1971年)

いずれもモノラル録音です。また第8番の第4楽章は放送時間の関係で一部カットされているとのことです。

また,同シリーズで,モーツァルト,メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲集,バルトークの弦楽四重奏曲全集が同時発売されています。



frank_peter_zimmermann_martin_melmchen_beethoven_violin_sonatas_1-4.jpg
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ集 第1番~第4番
フランク・ペーター・ツィンマーマン Frank Peter Zimmermann (Violin)
マルティン・ヘルムヒェン Martin Helmchen (Piano)
September 2019 at the Siemens Villa, Berlin, Germany
BIS-2517 (P)(C)2020 BIS Records AB (輸入盤)
参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Onlineicon,Apple Music

全曲録音に向けての第一弾とのこと。ヘルムヒェンの弾くピアノが平行弦ピアノというのもちょっと興味深いです。楽しみです。

-->